ショッピング枠の現金化が向いていない人

HOME » ショッピング枠の現金化 » ショッピング枠の現金化が向いていない人

ショッピング枠の現金化が向いていない人

クレジットカードのショッピング枠での現金化が向いていない人についてお話します。

1急いでいないが、まとまった現金を求めている人
まとまった現金が必要になって、ショッピング枠の現金化を考えているという人もいるかもしれませんが、そもそもショッピング枠の現金化というのはまとまった現金を必要とする人には向いていません。

なぜならクレジットカード会社は利用者それぞれの経済状況を信用情報機関等でチェックしてからショッピング枠等の利用限度額を定めているので、ショッピング枠自体がまとまった金額になりづらいからです。
しかもショッピング枠を現金化するのに時間はかかりませんが換金率(平均で80%くらいです)で計算された上、手数料も差し引かれるので優良現金化業者を利用したとしても、希望額に達するかどうかは疑問です。
最初からまとまった現金を求めている人は、クレジットカードのショッピング枠での現金化には向いていません。
まとまった現金が必要ということであれば、銀行の融資やおまとめローンなど、他の方法を探した方が賢明です。

2クレジットカードを絶対に失いたくない人
クレジットカードは現代の社会で生きていく上で、必需品といっても過言ではないくらい便利なものです。
ネット通販では家に居ながら商品を選べ、カードで支払いを済ませれば、後は商品が届くのを待つだけでいいですし、近所のスーパーでのお買い物でさえ、クレジットカードを使った方がポイントもたまります。
喉から手が出るほどほしいのに買えそうにないものも、クレジットカードの分割払い、リボ払いがあるからこそ購入できるのです。
こうしたクレジットカードの利便性を十分に理解したうえで、これまでクレジットカードの恩恵を受けてきた人にとってクレジットカードを手放すというのは、想像もできないほど辛いことになるでしょう。

このようにクレジットカードに依存しきっている人はショッピング枠の現金化に向いていません。
というのも、クレジットカードのショッピング枠での現金化はカード会社の規約違反になるため、万一カード会社に知られてしまうと、カードの利用停止処分を受けるかもしれないからです。
クレジットカードを絶対に失いたくないのであれば、ショッピング枠での現金化を利用しないことです。