クレジットカードのキャッシング

HOME » ショッピング枠の現金化 » クレジットカードのキャッシング

クレジットカードのキャッシング

キャッシングとはクレジットカード会社から直接、現金を借りることをいいます。
カード会社によってはキャッシング機能のないカードもありますが、この機能のついているカードなら消費者金融からお金を借りるのとほぼ同じように現金を借りることができます。
ただ消費者金融から借りる場合のような審査や職場の在籍確認等は必要ありません。
銀行のキャッシュカードからお金を引き出すのと同じ要領で簡単に現金を借りることができます。
ただ消費者金融からの借入れと同様に、金利手数料はかかってきます。
キャッシング枠が30万円となっている場合、クレジットカードでキャッシングできる金額は30万円になります。

キャッシング枠とは、カード会社の貸付の上限(利用限度額)のうち、キャッシング枠として設定している金額に限ってキャッシングを認めるという範囲をいいます。
枠とは利用限度額の内訳のことを指します。
利用限度額の基準は各カード会社が判断しています。
カード所有者のカードの利用状況や属性、発行しているカードが一般カードかゴールドカードか等によっても変わってきます。
また他社カードの利用状況を個人信用情報機関を通じて確認し、それによっても判断しています。
キャッシング枠は自分で設定が可能ですが、カード会社の定めた限度額を超えて設定することはできません。

さらにキャッシング枠にはクレジットカードの限度額に含まれる、独自の上限金額が設定されています。
例えば「限度額40万円、キャッシング枠10万円」というような感じです。
これはこのカードで40万円のショッピングと10万円のキャッシングが可能という意味ではなく、キャッシング枠の金額は限度額の中に含まれる金額、つまり、キャッシング枠は限度額が残っている範囲内で利用することができ、その上限は10万円までという意味です。

例えば、すでにショッピング枠で35万円利用していたとすると(35万円のお買い物をしていたとすると)キャッシング枠で利用できる金額は40万円-35万円=5万円ということになります。
もしその月に利用したショッピング枠が30万円以内であれば、キャッシング枠は10万円まで利用できます。
このショッピング枠とキャッシング枠の関係を知らなければ、前述した通り、いざキャッシングをしようとしたときにエラーがでてしまったりしかねないので、注意が必要です。