クレジットカードでお金をGET ショッピング枠の現金化

クレジットカードの現金化

クレジットカードの現金化といえば、クレジットカードのショッピング枠を現金にする行為が一般的ですが、クレジットカードから現金を得るという観点から、ここではクレジットカードのキャッシング枠を使った現金化(キャッシング)もあわせてお話しようと思います。
クレジットカードのショッピング枠を現金化する行為とは、クレジットカードで商品を買い、よそに転売する「商品買取り型」とキャッシュバックを行っている現金化業者を見つけ、その業者でキャッシュバック対象の商品を購入する「キャッシュバック型」の2通りが代表的な方法としてあげられます。
「商品買取り型」は個人で転売する場合と現金化をしている実店舗を探して転売する方法があります。
「キャッシュバック型」はほとんどの場合WEB上で営業している業者を見つけることから始めます。

▼ 目次

ショッピング枠の現金化をWEB上で行う方法を詳しく説明

ショッピング枠の現金化の方法は2つあります。
直接お店に行って行うものと、WEB上で行うものです。
前者はネット環境が充実した今、淘汰の方向にあると考えられるため、ここではWEB上での方法や仕組みについてお話ししようと思います。

1WEB申し込み
申し込みをするためには、まずネットの複数の現金化業者の中から利用する業者を選ぶ必要があります。
いくつかの業者をピックアップし、還元率や注意事項等しっかり確認してから申し込みをして下さい。
申し込み方法は概ね、電話やメール、申し込みフォームからになるかと思います。
申し込みに必要な情報は、住所、氏名、電話番号、希望額等、簡単なものです。

2電話での確認
申し込み後、ほどなくして業者スタッフから電話があります。
そして利用方法、還元率の説明、利用の意志確認等が行われます。
優良企業であれば、丁寧な対応が見込めるため、不安なことや疑問点は何でも遠慮なく聞いてみましょう。
そしてしっかり納得したうえで利用の意志を伝えましょう。

3身分証明書の提出
次は身分証明書の提出です。
免許証、保険証、パスポート等をFAXや写メールで送付します。

4クレジットカード決済
本人確認が完了したら、指定された商品(希望額に応じたキャッシュバックが受けられるもの)をクレジットカードで購入します。

5指定口座への振り込み
商品の購入が確認されると、業者から指定口座に振り込みが行われます。
最短で5分くらいしかかからない業者もあるほど手続きは早いものです。
しかしこれは指定口座のネットバンキングを持っている場合か、時間帯が指定口座銀行の営業時間内に行われた場合でしょう。
ネットバンキングをもっていない場合は、振り込みが営業時間内に縛られることになるので余裕を持った申し込みが必要となります。

6商品の受け取り
後日、購入した商品が届きます。
この商品は一般のネットショップから送付されてくるため、同居人にクレジット現金化を勘付かれることもありません。

以上がショッピング枠での現金化の方法です。

クレジットカードのキャッシング枠を使って現金を手に入れる方法を詳しく説明

次にクレジットカードのキャッシング枠を使て現金化をする方法を説明します。
この方法はATMに行って行うものとクレジットカード会社のWEBサイトから行うものがあります。

まず、ATMでは銀行のキャッシュカードを利用する時と同じように、クレジットカードを差し込みます。
ATMには2種類あり、先にカードを差し込んでから操作を行うものと、カードを差し込む前にカードの種類を選択しなければならないものがあります。
カードの種類を選択しなければならないものの場合は画面上の「クレジットカード」というボタンを選択してから、クレジットカードを差し込むようにしましょう。
差し込むときに注意すべきはクレジットカードを差し込む向きです。
キャッシュカード機能一体型のクレジットカードではクレジットカード機能を利用する場合とキャッシュカード機能を利用する場合で差し込む向きが違ってきます。
カードの4隅に記載がありますのでクレジットカード機能を利用する旨の記載がある向きにカードを差し込みましょう。

実際に差し込むと、いくつかの選択肢の中に「お借入れ」というボタンが画面に現れますので、そちらを選択してください。
クレジットカードによっては「出金」または「引き出し」といったような表現になっている場合もあります。
次に暗証番号を入力します。
当たり前ですが、周りに見ている人がいないか確認してから入力しましょう。

続いて返済方法を選択する場合と借入れ希望額を選択する画面のどちらかが出てきます。
返済方法が先に出た場合は、利用するATMによって表記が異なる場合があります。
例えば基本は「一括払い」と「リボ払い」の二択なのですが、「一括払い」が「一回払い」や「キャッシング」だったり、「リボ払い」が「カードローン」や「キャッシング・リボ払い」だったりする場合があるので、注意しながら選択するようにしてください。

最後は借入希望金額の入力です。
希望額を入力すれば無事お金が出てきて、キャッシング完了となります。
万一エラー等が出た場合は、ショッピング枠を使い過ぎていて希望額がキャッシング枠を超えているということが考えられますので、クレジットカードのマイページ等で自分のショッピング枠とキャッシング枠の残高を確認してみましょう。

もう一つの方法はWEBキャッシング

もう一つの方法は、まず、カード会社の会員ページにログインします。
WEBキャッシングを選択します。
この時カード会社で選択画面が異なる場合があるので注意してください。
その後借入金額を入力し、暗証暗号を入力すると、クレジットカードの支払い指定口座に振り込みされます。